「脳が突然冴えだす『瞬間』仮眠」坪田聡著

公開日: 更新日:

 NASAでは宇宙飛行士の睡眠に関する研究も行われており、26分間の昼寝をするだけで彼らの能力が34%も向上することが分かったという。欧米のビジネス界でも仮眠を取る「パワーナップ」が注目されているが、本書では忙しい日本のビジネスマンに向け、わずかな時間でも効果抜群の仮眠の方法と効果を紹介している。「マイクロ・ナップ」と呼ばれる1分間(~数分)の仮眠は、オフィスのデスクに座り、顎を引いて首を安定させ、両手は脚の上で組む姿勢で取る。ケータイで1分後にアラームが鳴るようにセットしつつ、“1分で起きるぞ!”と強く思って目を閉じるとよい。

 目覚めたら「疲れが回復した」など前向きな言葉を口にする。これで驚くほど頭がスッキリするはずだ。

(SBクリエイティブ 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  9. 9

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る