「脳が突然冴えだす『瞬間』仮眠」坪田聡著

公開日: 更新日:

 NASAでは宇宙飛行士の睡眠に関する研究も行われており、26分間の昼寝をするだけで彼らの能力が34%も向上することが分かったという。欧米のビジネス界でも仮眠を取る「パワーナップ」が注目されているが、本書では忙しい日本のビジネスマンに向け、わずかな時間でも効果抜群の仮眠の方法と効果を紹介している。「マイクロ・ナップ」と呼ばれる1分間(~数分)の仮眠は、オフィスのデスクに座り、顎を引いて首を安定させ、両手は脚の上で組む姿勢で取る。ケータイで1分後にアラームが鳴るようにセットしつつ、“1分で起きるぞ!”と強く思って目を閉じるとよい。

 目覚めたら「疲れが回復した」など前向きな言葉を口にする。これで驚くほど頭がスッキリするはずだ。

(SBクリエイティブ 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る

人気キーワード