「『腸内酵素力』で、ボケもがんも寄りつかない」高畑宗明著

公開日: 更新日:

 学生時代に「腸の良しあしが人間の幸不幸に影響する」と学んだという著者は微生物遺伝子化学専攻の農学博士で腸内細菌の権威。日本人に増加している大腸がんやアレルギー、アトピー、肥満、動脈硬化は腸内環境の悪化にあるという。それを改善するカギになるのが善玉菌の酵素で、本書にはその重要性と“育菌法”が書かれている。

 例えば、味噌や納豆などの発酵食品や良質な油を積極的に取ること、抗菌・減菌し過ぎないことが腸内細菌のバランスを良くするという。また、良い腸づくりには良質な睡眠や適度な運動も必要だそうだ。一方、最近流行の酵素ドリンクやグリーンスムージーも売りとなっている酵素は直接取り入れられないことから、おすすめできないという。(講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  10. 10

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

もっと見る

人気キーワード