「『腸内酵素力』で、ボケもがんも寄りつかない」高畑宗明著

公開日: 更新日:

 学生時代に「腸の良しあしが人間の幸不幸に影響する」と学んだという著者は微生物遺伝子化学専攻の農学博士で腸内細菌の権威。日本人に増加している大腸がんやアレルギー、アトピー、肥満、動脈硬化は腸内環境の悪化にあるという。それを改善するカギになるのが善玉菌の酵素で、本書にはその重要性と“育菌法”が書かれている。

 例えば、味噌や納豆などの発酵食品や良質な油を積極的に取ること、抗菌・減菌し過ぎないことが腸内細菌のバランスを良くするという。また、良い腸づくりには良質な睡眠や適度な運動も必要だそうだ。一方、最近流行の酵素ドリンクやグリーンスムージーも売りとなっている酵素は直接取り入れられないことから、おすすめできないという。(講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る