「『腸内酵素力』で、ボケもがんも寄りつかない」高畑宗明著

公開日:  更新日:

 学生時代に「腸の良しあしが人間の幸不幸に影響する」と学んだという著者は微生物遺伝子化学専攻の農学博士で腸内細菌の権威。日本人に増加している大腸がんやアレルギー、アトピー、肥満、動脈硬化は腸内環境の悪化にあるという。それを改善するカギになるのが善玉菌の酵素で、本書にはその重要性と“育菌法”が書かれている。

 例えば、味噌や納豆などの発酵食品や良質な油を積極的に取ること、抗菌・減菌し過ぎないことが腸内細菌のバランスを良くするという。また、良い腸づくりには良質な睡眠や適度な運動も必要だそうだ。一方、最近流行の酵素ドリンクやグリーンスムージーも売りとなっている酵素は直接取り入れられないことから、おすすめできないという。(講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る