「快眠したければ『首』を緩めなさい」小林弘幸著

公開日: 更新日:

 近頃どうも眠れないという人は、首のコリに原因があるかもしれない。現代人はパソコンやスマホの使用で、長時間首を前傾させた姿勢を取りがちだ。すると、頚椎の1番目と2番目につながっている「肩甲挙筋」に疲労がたまり、首全体にコリが広がる。首の筋肉周辺には太い血管が集中しているため、血流が悪くなるとその影響は全身に広がり、上質な眠りをもたらす副交感神経の機能も低下。不眠が続く事態に陥るのだ。

 本書では、首のコリに対するさまざまな解消法を紹介。40度前後のお湯に首まで5分、半身浴で10分つかる入浴法や、首と骨盤の下に丸めたタオルを置いてあおむけに寝るストレッチ法など、かたまった首が緩むメソッドが満載だ。

(小学館 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る