• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「快眠したければ『首』を緩めなさい」小林弘幸著

 近頃どうも眠れないという人は、首のコリに原因があるかもしれない。現代人はパソコンやスマホの使用で、長時間首を前傾させた姿勢を取りがちだ。すると、頚椎の1番目と2番目につながっている「肩甲挙筋」に疲労がたまり、首全体にコリが広がる。首の筋肉周辺には太い血管が集中しているため、血流が悪くなるとその影響は全身に広がり、上質な眠りをもたらす副交感神経の機能も低下。不眠が続く事態に陥るのだ。

 本書では、首のコリに対するさまざまな解消法を紹介。40度前後のお湯に首まで5分、半身浴で10分つかる入浴法や、首と骨盤の下に丸めたタオルを置いてあおむけに寝るストレッチ法など、かたまった首が緩むメソッドが満載だ。

(小学館 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る