イスラエルで生まれたドローンの発想

公開日: 更新日:

 Amazon.comは、商品の配送時間短縮のため「ドローン」と呼ばれる小型無人飛行機での配送サービスを計画中であると発表。

 早ければ今年中に実現するといわれている。日本でも、活火山上空の観測や福島第1原発の調査などに用いられている。

 しかし、このドローンはもともと軍事用に開発された技術だった。リチャード・ウィッテル著、赤根洋子訳「無人暗殺機ドローンの誕生」(文藝春秋 2000円+税)は、いまやアルカイダやイスラム過激派を、搭載するミサイルで暗殺するまでに至っているドローンの開発史。その誕生と変貌の歴史が、克明につづられている。

 無人飛行機は、「Unmanned Aerial Vehicle」(無人航空機)の頭文字を取ってUAVとも呼ばれる。UAVの発想が生まれたのは、イスラエルだ。1973年の第4次中東戦争のさなか、当時36歳だったエイブ・カレムという人物が、囮のロケット弾の開発を命じられる。彼はイスラエル空軍のエンジニアチームを率いて戦闘機を改良し、イスラエル軍最高賞である防衛賞を3度も受賞していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る

人気キーワード