イスラエルで生まれたドローンの発想

公開日: 更新日:

 Amazon.comは、商品の配送時間短縮のため「ドローン」と呼ばれる小型無人飛行機での配送サービスを計画中であると発表。

 早ければ今年中に実現するといわれている。日本でも、活火山上空の観測や福島第1原発の調査などに用いられている。

 しかし、このドローンはもともと軍事用に開発された技術だった。リチャード・ウィッテル著、赤根洋子訳「無人暗殺機ドローンの誕生」(文藝春秋 2000円+税)は、いまやアルカイダやイスラム過激派を、搭載するミサイルで暗殺するまでに至っているドローンの開発史。その誕生と変貌の歴史が、克明につづられている。

 無人飛行機は、「Unmanned Aerial Vehicle」(無人航空機)の頭文字を取ってUAVとも呼ばれる。UAVの発想が生まれたのは、イスラエルだ。1973年の第4次中東戦争のさなか、当時36歳だったエイブ・カレムという人物が、囮のロケット弾の開発を命じられる。彼はイスラエル空軍のエンジニアチームを率いて戦闘機を改良し、イスラエル軍最高賞である防衛賞を3度も受賞していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る