• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イスラエルで生まれたドローンの発想

 Amazon.comは、商品の配送時間短縮のため「ドローン」と呼ばれる小型無人飛行機での配送サービスを計画中であると発表。

 早ければ今年中に実現するといわれている。日本でも、活火山上空の観測や福島第1原発の調査などに用いられている。

 しかし、このドローンはもともと軍事用に開発された技術だった。リチャード・ウィッテル著、赤根洋子訳「無人暗殺機ドローンの誕生」(文藝春秋 2000円+税)は、いまやアルカイダやイスラム過激派を、搭載するミサイルで暗殺するまでに至っているドローンの開発史。その誕生と変貌の歴史が、克明につづられている。

 無人飛行機は、「Unmanned Aerial Vehicle」(無人航空機)の頭文字を取ってUAVとも呼ばれる。UAVの発想が生まれたのは、イスラエルだ。1973年の第4次中東戦争のさなか、当時36歳だったエイブ・カレムという人物が、囮のロケット弾の開発を命じられる。彼はイスラエル空軍のエンジニアチームを率いて戦闘機を改良し、イスラエル軍最高賞である防衛賞を3度も受賞していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る