「切り裂きジャック127年目の真実」ラッセル・エドワーズ著、深澤誉子訳

公開日:  更新日:

 19世紀最悪の猟奇事件として知られる、ロンドンの切り裂きジャック事件。公式には5人の売春婦が被害者とされ、多くの人が犯人捜しにやっきになったものの、結局迷宮入りしてしまった。本書は、この事件に興味を持った起業家が、事件現場に残されていたショールをオークションで手に入れ、ついに犯人特定にまで至る驚きのルポルタージュだ。

 まずは事件当時、貧困のために身を売らざるを得なくなった女性たちが犠牲になった現場に足を運び、それぞれの事件を詳細に洗い出していく。その結果、公式発表された事件よりも前に起きた別の殺人事件も切り裂きジャックによる犯行なのではないかと推理。さらに、手に入れたショールに血液や人体の部位が付着した形跡があり、そこから採取されたDNAが当時容疑者として挙げられていた一人の子孫のDNAと一致することを専門家の協力のもとで突き止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る