「切り裂きジャック127年目の真実」ラッセル・エドワーズ著、深澤誉子訳

公開日: 更新日:

 19世紀最悪の猟奇事件として知られる、ロンドンの切り裂きジャック事件。公式には5人の売春婦が被害者とされ、多くの人が犯人捜しにやっきになったものの、結局迷宮入りしてしまった。本書は、この事件に興味を持った起業家が、事件現場に残されていたショールをオークションで手に入れ、ついに犯人特定にまで至る驚きのルポルタージュだ。

 まずは事件当時、貧困のために身を売らざるを得なくなった女性たちが犠牲になった現場に足を運び、それぞれの事件を詳細に洗い出していく。その結果、公式発表された事件よりも前に起きた別の殺人事件も切り裂きジャックによる犯行なのではないかと推理。さらに、手に入れたショールに血液や人体の部位が付着した形跡があり、そこから採取されたDNAが当時容疑者として挙げられていた一人の子孫のDNAと一致することを専門家の協力のもとで突き止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る

人気キーワード