「切り裂きジャック127年目の真実」ラッセル・エドワーズ著、深澤誉子訳

公開日: 更新日:

 19世紀最悪の猟奇事件として知られる、ロンドンの切り裂きジャック事件。公式には5人の売春婦が被害者とされ、多くの人が犯人捜しにやっきになったものの、結局迷宮入りしてしまった。本書は、この事件に興味を持った起業家が、事件現場に残されていたショールをオークションで手に入れ、ついに犯人特定にまで至る驚きのルポルタージュだ。

 まずは事件当時、貧困のために身を売らざるを得なくなった女性たちが犠牲になった現場に足を運び、それぞれの事件を詳細に洗い出していく。その結果、公式発表された事件よりも前に起きた別の殺人事件も切り裂きジャックによる犯行なのではないかと推理。さらに、手に入れたショールに血液や人体の部位が付着した形跡があり、そこから採取されたDNAが当時容疑者として挙げられていた一人の子孫のDNAと一致することを専門家の協力のもとで突き止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る