海外小説を読む楽しみ編

公開日:  更新日:

 国籍が異なれば、当然、感性も異なる。そんな物事や人生を捉える視線の違いを味わえることも海外文学を読む楽しみのひとつだ。今回はカナダ、イタリア、オーストラリア、フランス、イギリスとそれぞれ出身が異なる5人の作家の作品を紹介する。

■「みんなバーに帰る」パトリック・デウィット著、茂木健訳

 主人公の「君」は、ロサンゼルス・ハリウッドの場末のバーで補助スタッフとして働いている。出勤してまずはクレイモアを一杯ひっかけるのが日課の「君」は、毎夜、泥酔状態で車を運転して帰宅するが、パトカーに捕まったことがない。

 愛車の71年型フォードLTDが持つ不思議な力のおかげだと信じている。妻の目を盗み、アスピリンをむさぼるように食い、酒浸りの日々を送りながら、「君」は常連客の相手をする。従業員の大半が、仕事中にコカインをやっているが、就職以来、「君」は一度もやっていない。しかし、ある晩、酒を飲み過ぎた君は、ついにコカインに手を出してしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る