海外小説を読む楽しみ編

公開日: 更新日:

 国籍が異なれば、当然、感性も異なる。そんな物事や人生を捉える視線の違いを味わえることも海外文学を読む楽しみのひとつだ。今回はカナダ、イタリア、オーストラリア、フランス、イギリスとそれぞれ出身が異なる5人の作家の作品を紹介する。

■「みんなバーに帰る」パトリック・デウィット著、茂木健訳

 主人公の「君」は、ロサンゼルス・ハリウッドの場末のバーで補助スタッフとして働いている。出勤してまずはクレイモアを一杯ひっかけるのが日課の「君」は、毎夜、泥酔状態で車を運転して帰宅するが、パトカーに捕まったことがない。

 愛車の71年型フォードLTDが持つ不思議な力のおかげだと信じている。妻の目を盗み、アスピリンをむさぼるように食い、酒浸りの日々を送りながら、「君」は常連客の相手をする。従業員の大半が、仕事中にコカインをやっているが、就職以来、「君」は一度もやっていない。しかし、ある晩、酒を飲み過ぎた君は、ついにコカインに手を出してしまう。

「シスターズ・ブラザーズ」の著者が、斬新な描写でバーに通う人々の酔態をスケッチしながら、主人公の転落を描いたデビュー作。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか