「世界が驚いた 科学捜査事件簿」ナイジェル・マクレリー著、沼尻由起子訳

公開日: 更新日:

 指紋法や血液分析などの科学捜査技術が実際の事件に、どのように貢献したかを紹介しながら、その発展の歴史を振り返るノンフィクション。

 DNA鑑定が初めて犯人逮捕と容疑者の無実の証明に役立った1980年代のイギリスの連続少女強姦殺人事件、銃の遊底の不具合によってできたと思われる薬きょうの傷が凶器特定の決め手となった1927年の巡査殺人事件、シーツに包まれた遺体の衣類に付着していた両目のない珍しい甲虫が犯行現場を特定した1924年のパリのノミ屋殺人事件など。推理小説のように事件解決の経緯を詳述しながら、科学捜査技術に関与した人々の物語を紡いでいく。

(河出書房新社 2000円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る