• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界が驚いた 科学捜査事件簿」ナイジェル・マクレリー著、沼尻由起子訳

 指紋法や血液分析などの科学捜査技術が実際の事件に、どのように貢献したかを紹介しながら、その発展の歴史を振り返るノンフィクション。

 DNA鑑定が初めて犯人逮捕と容疑者の無実の証明に役立った1980年代のイギリスの連続少女強姦殺人事件、銃の遊底の不具合によってできたと思われる薬きょうの傷が凶器特定の決め手となった1927年の巡査殺人事件、シーツに包まれた遺体の衣類に付着していた両目のない珍しい甲虫が犯行現場を特定した1924年のパリのノミ屋殺人事件など。推理小説のように事件解決の経緯を詳述しながら、科学捜査技術に関与した人々の物語を紡いでいく。

(河出書房新社 2000円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る