「世界が驚いた 科学捜査事件簿」ナイジェル・マクレリー著、沼尻由起子訳

公開日: 更新日:

 指紋法や血液分析などの科学捜査技術が実際の事件に、どのように貢献したかを紹介しながら、その発展の歴史を振り返るノンフィクション。

 DNA鑑定が初めて犯人逮捕と容疑者の無実の証明に役立った1980年代のイギリスの連続少女強姦殺人事件、銃の遊底の不具合によってできたと思われる薬きょうの傷が凶器特定の決め手となった1927年の巡査殺人事件、シーツに包まれた遺体の衣類に付着していた両目のない珍しい甲虫が犯行現場を特定した1924年のパリのノミ屋殺人事件など。推理小説のように事件解決の経緯を詳述しながら、科学捜査技術に関与した人々の物語を紡いでいく。

(河出書房新社 2000円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る

人気キーワード