極上のミステリー特集

公開日: 更新日:

 秋の夜長の読書に最適なのは、何といってもミステリーだ。世にあまたのミステリー作品があふれる中、今回は、最も勢いのある新鋭・気鋭による5作を紹介する。どの作品も時が経つのも忘れて没頭させてくれる極上のミステリーゆえに、寝不足にご注意を。

■「レミングスの夏」竹吉優輔著

 高校3年のアキラに、親友のナギが師匠と呼んでいた長峰から電話がかかってきた。その電話がきっかけで、久しぶりにかつての仲間モトオ、ミト、ヨーコが顔をそろえるが、一番会いたいナギはここにはいない。

 4年前の中学2年の夏、アキラたちはリーダーのナギが2年前から練ってきた計画を決行した。幼馴染みの5人は、そろって同じ中高一貫校に進学したが、その計画を完遂するため、入学後は校内でお互いに言葉を交わすことを自ら禁じ、常に秘密基地で相談を重ねてきたほどだった。そしてついにその日が来た。終業式の日、5人は市長の娘で生徒会副会長の宏美を誘拐して秘密基地のひとつに監禁する。そして宏美の解放と引き換えに町の改革を急ピッチで進める市長に、6項目の要求をつきつけたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る