「地方消滅の罠」山下祐介著

公開日: 更新日:

「2040年までに全国の市町村の半数が消滅する可能性がある」とした、昨年5月の日本創成会議・人口減少問題検討分科会の報告、通称「増田レポート」は社会に大きな衝撃を与えた。著者は提言が対抗策として「選択と集中」を掲げ、地方消滅が既定路線であるかのように世の中を導いていることに疑問を投げかける。

 国民の間にこの問題に対する「諦め」を誘発し、「人口減少ショック」を利用してこの国を何らかの方向に動かそうとしている人がいる可能性もあると指摘。「選択と集中」論は、地方・農家・弱者の切り捨てに帰結すると批判する著者が増田レポートの偽りを暴き、地方再生の論理と道筋を示した警世書。

(筑摩書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る