「地方消滅の罠」山下祐介著

公開日: 更新日:

「2040年までに全国の市町村の半数が消滅する可能性がある」とした、昨年5月の日本創成会議・人口減少問題検討分科会の報告、通称「増田レポート」は社会に大きな衝撃を与えた。著者は提言が対抗策として「選択と集中」を掲げ、地方消滅が既定路線であるかのように世の中を導いていることに疑問を投げかける。

 国民の間にこの問題に対する「諦め」を誘発し、「人口減少ショック」を利用してこの国を何らかの方向に動かそうとしている人がいる可能性もあると指摘。「選択と集中」論は、地方・農家・弱者の切り捨てに帰結すると批判する著者が増田レポートの偽りを暴き、地方再生の論理と道筋を示した警世書。

(筑摩書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

もっと見る

人気キーワード