• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「神様が降りてくる」白川道著

 作家の榊に見知らぬ女から、会って聞きたいことがあるという手紙が届いた。その女、大城里奈は、20年前に榊が服役していた刑務所で一緒だった米軍人フィルの娘だった。

 里奈は死んだと聞かされていた父が生きていることを、4年前に知った。母は死ぬ前に父からの手紙を見せたが、それに暗号のように榊の名前が隠されていたという。父がどんな人だったか知りたいと言う里奈に、榊は考えさせてくれと言った。実は榊は出所の際、里奈の母親に、「安田に会って『フィルの歌が聴きたい』と言え」と伝言を頼まれたのだが、その約束を果たさなかった。米軍支配下の沖縄で起きた事件の真相を探るハードボイルド小説。(新潮社 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る