「神様が降りてくる」白川道著

公開日:  更新日:

 作家の榊に見知らぬ女から、会って聞きたいことがあるという手紙が届いた。その女、大城里奈は、20年前に榊が服役していた刑務所で一緒だった米軍人フィルの娘だった。

 里奈は死んだと聞かされていた父が生きていることを、4年前に知った。母は死ぬ前に父からの手紙を見せたが、それに暗号のように榊の名前が隠されていたという。父がどんな人だったか知りたいと言う里奈に、榊は考えさせてくれと言った。実は榊は出所の際、里奈の母親に、「安田に会って『フィルの歌が聴きたい』と言え」と伝言を頼まれたのだが、その約束を果たさなかった。米軍支配下の沖縄で起きた事件の真相を探るハードボイルド小説。(新潮社 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る