• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「神様が降りてくる」白川道著

 作家の榊に見知らぬ女から、会って聞きたいことがあるという手紙が届いた。その女、大城里奈は、20年前に榊が服役していた刑務所で一緒だった米軍人フィルの娘だった。

 里奈は死んだと聞かされていた父が生きていることを、4年前に知った。母は死ぬ前に父からの手紙を見せたが、それに暗号のように榊の名前が隠されていたという。父がどんな人だったか知りたいと言う里奈に、榊は考えさせてくれと言った。実は榊は出所の際、里奈の母親に、「安田に会って『フィルの歌が聴きたい』と言え」と伝言を頼まれたのだが、その約束を果たさなかった。米軍支配下の沖縄で起きた事件の真相を探るハードボイルド小説。(新潮社 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る