人気シリーズの最新作を上梓した大沢在昌氏に聞く

公開日:  更新日:

 大沢作品の中で「新宿鮫」シリーズと双璧を成す「狩人」シリーズがスタートしたのは、1996年のこと。1作目となった「北の狩人」から18年、新宿署のアウトロー刑事・佐江が活躍するハードボイルド小説最新作「雨の狩人」(幻冬舎 1800円)がついに刊行された。シリーズの中でも異色となったと著者自ら語る本作では、主人公である佐江が矜持をかけた選択を迫られることになる。

 新宿は歌舞伎町、違法賭博の地下格闘技大会が開催されていたキャバクラで、不動産会社社長が銃殺される。佐江は捜査に当たるが、大会元締のしっぽが掴めない。試合ごとにプロモーターがころころ代わり、連絡はすべて海外サーバーを通したメール。しかも、関係者にヤクザはいないというのだ。

「本シリーズ1作目の『北の狩人』の時代が牧歌的と思えるほど、暴力団の世界は変わりました。組織犯罪処罰法や暴力団排除条例の影響で、“組”に属することがもはや利益をもたらさなくなり、商売も始められず部屋を借りることすらできなくなった。おかげで、表面上は暴力団潰しができているように見えますが、実際にはヤクザよりタチの悪い、犯罪のセミプロ集団が暗躍する時代になっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る