日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気シリーズの最新作を上梓した大沢在昌氏に聞く

 大沢作品の中で「新宿鮫」シリーズと双璧を成す「狩人」シリーズがスタートしたのは、1996年のこと。1作目となった「北の狩人」から18年、新宿署のアウトロー刑事・佐江が活躍するハードボイルド小説最新作「雨の狩人」(幻冬舎 1800円)がついに刊行された。シリーズの中でも異色となったと著者自ら語る本作では、主人公である佐江が矜持をかけた選択を迫られることになる。

 新宿は歌舞伎町、違法賭博の地下格闘技大会が開催されていたキャバクラで、不動産会社社長が銃殺される。佐江は捜査に当たるが、大会元締のしっぽが掴めない。試合ごとにプロモーターがころころ代わり、連絡はすべて海外サーバーを通したメール。しかも、関係者にヤクザはいないというのだ。

「本シリーズ1作目の『北の狩人』の時代が牧歌的と思えるほど、暴力団の世界は変わりました。組織犯罪処罰法や暴力団排除条例の影響で、“組”に属することがもはや利益をもたらさなくなり、商売も始められず部屋を借りることすらできなくなった。おかげで、表面上は暴力団潰しができているように見えますが、実際にはヤクザよりタチの悪い、犯罪のセミプロ集団が暗躍する時代になっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事