「嫌われる勇気」岸見一郎、古賀史健著

公開日:  更新日:

■悩める青年と哲人との対話形式で説くアドラーの思想

 本書は、フロイトが提唱したトラウマなどの原因論を否定し、人間はみな「なにかしらの目的に沿って生きている」とする目的論を打ち出したアドラーの個人心理学の精髄を、悩める青年とそれに答える哲人との対話という形式で紹介したもの。「いまのあなたが不幸なのは自らの手で〈不幸であること〉を選んだからである」「これまでの人生になにがあったとしても、今後の人生をどう生きるかについてなんの影響もない」「自由とは、他者から嫌われることである」……。

 これら哲人の言葉に対して青年は、それは単なる理想論だ、そんな考えをできるはずがないと食ってかかる。一方、哲人は、「世界とは、他の誰かが変えてくれるものではなく、ただ〈わたし〉によってしか変わりえない」ことをアドラーの思想に沿って懇切丁寧に説いていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る