• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「嫌われる勇気」岸見一郎、古賀史健著

■悩める青年と哲人との対話形式で説くアドラーの思想

 本書は、フロイトが提唱したトラウマなどの原因論を否定し、人間はみな「なにかしらの目的に沿って生きている」とする目的論を打ち出したアドラーの個人心理学の精髄を、悩める青年とそれに答える哲人との対話という形式で紹介したもの。「いまのあなたが不幸なのは自らの手で〈不幸であること〉を選んだからである」「これまでの人生になにがあったとしても、今後の人生をどう生きるかについてなんの影響もない」「自由とは、他者から嫌われることである」……。

 これら哲人の言葉に対して青年は、それは単なる理想論だ、そんな考えをできるはずがないと食ってかかる。一方、哲人は、「世界とは、他の誰かが変えてくれるものではなく、ただ〈わたし〉によってしか変わりえない」ことをアドラーの思想に沿って懇切丁寧に説いていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る