「病は心で治す」リサ・ランキン著、古草秀子訳

公開日:  更新日:

 酒やたばこをやっていても長寿の人がいる一方、生活習慣に気を配っているのに病気になる人がいる。なぜなのか? そんな疑問に対するヒントが隠された本書では、現役の医師が“心の在り方”が健康に与える影響について解説している。

 アメリカの心理学者であるマーティン・セリグマンの研究によると、楽観的な患者は悲観的な患者よりも冠動脈バイパス手術の回復が早く、一定期間内に命を落とす確率が45%も低かったという。

 さらに、楽観主義者は免疫系が強く、感染症にかかる確率は悲観主義者の2分の1で、回復も早いことが明らかになっている。

 自分の思考や行動を書き出し、心を軽くするための“処方箋”の作り方も紹介。「病は気から」は迷信ではないのだ。

(河出書房新社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る