• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『スイス諜報網』の日米終戦工作」有馬哲夫著

 昭和20年、「国体護持」と「天皇制存置」が決して譲れない降伏条件だった日本の戦争指導者と昭和天皇がポツダム宣言受諾に至ったのはなぜか。その舞台となったスイスでの終戦工作を検証した歴史テキスト。

 工作の中心人物と自認するスイス公使館付海軍中佐・藤村義朗が戦後に発表した記事によると、交渉はOSS(米大統領直属の諜報機関)スイス支局長のダレスとの間で4月から行われ、失敗に終わったとされてきた。著者は、新たに発掘した歴史資料を読み解きながら、そもそも藤村が日本側の中心者ではなかったことを明らかにする。一方でダレスを軸に、亡命ドイツ人武器商や、国際決済銀行幹部らが暗躍した諜報網による終戦工作の全体像が描かれる。(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る