「『スイス諜報網』の日米終戦工作」有馬哲夫著

公開日:  更新日:

 昭和20年、「国体護持」と「天皇制存置」が決して譲れない降伏条件だった日本の戦争指導者と昭和天皇がポツダム宣言受諾に至ったのはなぜか。その舞台となったスイスでの終戦工作を検証した歴史テキスト。

 工作の中心人物と自認するスイス公使館付海軍中佐・藤村義朗が戦後に発表した記事によると、交渉はOSS(米大統領直属の諜報機関)スイス支局長のダレスとの間で4月から行われ、失敗に終わったとされてきた。著者は、新たに発掘した歴史資料を読み解きながら、そもそも藤村が日本側の中心者ではなかったことを明らかにする。一方でダレスを軸に、亡命ドイツ人武器商や、国際決済銀行幹部らが暗躍した諜報網による終戦工作の全体像が描かれる。(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る