「『スイス諜報網』の日米終戦工作」有馬哲夫著

公開日: 更新日:

 昭和20年、「国体護持」と「天皇制存置」が決して譲れない降伏条件だった日本の戦争指導者と昭和天皇がポツダム宣言受諾に至ったのはなぜか。その舞台となったスイスでの終戦工作を検証した歴史テキスト。

 工作の中心人物と自認するスイス公使館付海軍中佐・藤村義朗が戦後に発表した記事によると、交渉はOSS(米大統領直属の諜報機関)スイス支局長のダレスとの間で4月から行われ、失敗に終わったとされてきた。著者は、新たに発掘した歴史資料を読み解きながら、そもそも藤村が日本側の中心者ではなかったことを明らかにする。一方でダレスを軸に、亡命ドイツ人武器商や、国際決済銀行幹部らが暗躍した諜報網による終戦工作の全体像が描かれる。(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る

人気キーワード