「連鶴」梶よう子著

公開日: 更新日:

 大政奉還から1カ月後の早朝、桑名藩の上屋敷に住む丈太郎を、2年前に横浜の商家に修業に出た弟の栄之助が訪ねてきた。栄之助によると坂本龍馬が京で暗殺され、現場には以前会ったときに丈太郎が贈った連鶴が落ちていたという。連鶴は、1枚の紙から何羽もの鶴を折りだす桑名の名物だ。同じ日、丈太郎は勘定頭の父から自分に帰国の命が下ったことを伝えられる。戻れば京の守護任務に駆り出されることだろう。栄之助は藩を捨て、妻子を連れて身を隠すよう丈太郎を説得する。丈太郎は取り合わないが、数日後、なぜか栄之助が武家姿で歩いていたという噂を耳にする。

 幕末の動乱を生きる兄弟を描いた時代長編。

(祥伝社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る