【戦後70年を問う】「戦争の記憶」は世代によって変わる。いま問われるのは戦後70年を語る多種多様な「目」と「声」の記憶だ。

公開日: 更新日:

「戦後70年 わたしの戦争体験」小説現代編

 戦後も70年経つと「戦争体験者」といっても兵隊としてではなく、少国民すなわち子どもの身で戦争の日々を生きたという世代が主流になる。雑誌「小説現代」が戦後70年の特別企画として連載したものをまとめた本書は、まさにこの少国民世代が語る戦争の記憶集だ。

 たとえば近年ますます仙人の風貌になった昭和12年生まれの山藤章二氏が語るのは、戦艦大和の建造や日本の国際連盟脱退のニュースが「誇らしい手柄」として喧伝された幼時の思い出。猫の額ほどの庭に防空壕を掘る作業ですら楽しいのが子ども。しかしそれは子どもらの日常すら戦争に巻き込んでいくファッショの力だったのだ。

 他方、昭和8年生まれで少し年長の森村誠一氏は愛読誌「少年倶楽部」が日中戦争開始直後から急に薄く貧弱になったことを覚えているという。郷里の埼玉県熊谷は8月15日の前夜、既に日本政府がポツダム宣言受諾の意向を伝えたにもかかわらずB29の大群の猛爆を受け、死屍累々の焦土と化した。ほかに畑正憲、松本零士、ちばてつや、勝目梓の各氏が忘れがたい戦争体験をこもごもに語っている。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る