「究め極めた『省・小・精』が未来を拓く」大河原克行著

公開日:  更新日:

「EPSON」ブランドで数々のエポックメーキングな製品を世に送り出してきたセイコーエプソンの歴史と、そのモノづくりの哲学を紹介する企業物語。

 同社の起原は、服部時計店の腕時計製造部門の協力工場として1942年に設立された大和工業。部品加工から時計製造へと乗り出し、スイスメーカーをしのぐ製品を生み出す。さらにプリンターの開発にも着手し、第1号の「EP-101」は電子式卓上計算機用プリンターとして世界で90%以上のシェアを獲得した。部品を他社から調達し生産も委託する水平分業型のビジネスモデルが主流となる中、その逆を行く垂直統合モデルにこだわり続けてきた同社のモノづくりの舞台裏に迫る。
(ダイヤモンド社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る