「究め極めた『省・小・精』が未来を拓く」大河原克行著

公開日:  更新日:

「EPSON」ブランドで数々のエポックメーキングな製品を世に送り出してきたセイコーエプソンの歴史と、そのモノづくりの哲学を紹介する企業物語。

 同社の起原は、服部時計店の腕時計製造部門の協力工場として1942年に設立された大和工業。部品加工から時計製造へと乗り出し、スイスメーカーをしのぐ製品を生み出す。さらにプリンターの開発にも着手し、第1号の「EP-101」は電子式卓上計算機用プリンターとして世界で90%以上のシェアを獲得した。部品を他社から調達し生産も委託する水平分業型のビジネスモデルが主流となる中、その逆を行く垂直統合モデルにこだわり続けてきた同社のモノづくりの舞台裏に迫る。
(ダイヤモンド社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る