• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「病気にならない生き方・考え方」桜井竜生著

“これを食べれば病気にならない”“この運動で痩せる”。このような一般論は、年齢を重ねるほど無意味になる。それまでの生活習慣や体のつくられ方によって、効果が異なってくるからだ。

 それでは、中高年に必要な健康法とはどのようなものか。それは“自分センサー”を磨くことだと、漢方医である著者は言う。センサーが敏感なら、病気のサインにも気付くことができ、体に必要な食べ物、不必要な薬なども感じ取ることができるようになる。

 センサーの感度を高めるには「インプットを減らす」のがおすすめ。具体的には、暴飲暴食をやめ、食事はよく噛み、旬のものを選んで食べるのがいい。センサーを磨けば情報の取捨選択もできやすくなり、心の安定にもつながるはずだ。
(PHP研究所 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る