「病気にならない生き方・考え方」桜井竜生著

公開日:  更新日:

“これを食べれば病気にならない”“この運動で痩せる”。このような一般論は、年齢を重ねるほど無意味になる。それまでの生活習慣や体のつくられ方によって、効果が異なってくるからだ。

 それでは、中高年に必要な健康法とはどのようなものか。それは“自分センサー”を磨くことだと、漢方医である著者は言う。センサーが敏感なら、病気のサインにも気付くことができ、体に必要な食べ物、不必要な薬なども感じ取ることができるようになる。

 センサーの感度を高めるには「インプットを減らす」のがおすすめ。具体的には、暴飲暴食をやめ、食事はよく噛み、旬のものを選んで食べるのがいい。センサーを磨けば情報の取捨選択もできやすくなり、心の安定にもつながるはずだ。
(PHP研究所 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る