「呼出秀男の相撲ばなし」山木秀男著

公開日: 更新日:

 元立呼び出しの著者が、裏方から見た大相撲の世界を案内してくれるエッセー。

 1969年、伊勢ケ浜部屋で呼び出し人生をスタートさせた著者は、14年九州場所で白鵬の優勝が決まった一番を最後に定年引退。その45年間を振り返りながら、力士の呼び上げだけではなく、土俵の構築や太鼓なども受け持つ呼び出しをはじめ、行事や床山ら大相撲を支える裏方の仕事の実際を解説。

 さらに主役である力士たちがどのように昇進していくのか、そして戦う前から終わって下がるまで、一連の動きに決まりがあるという取組や、いったん身に着けると勝負が終わるまではトイレにも行けないという、まわしにまつわるエピソードなど。

 観戦が楽しくなる相撲のウンチクが満載。(現代書館 1200円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    軍が守るのは国民ではないと教えるドキュメンタリー映画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る