「呼出秀男の相撲ばなし」山木秀男著

公開日: 更新日:

 元立呼び出しの著者が、裏方から見た大相撲の世界を案内してくれるエッセー。

 1969年、伊勢ケ浜部屋で呼び出し人生をスタートさせた著者は、14年九州場所で白鵬の優勝が決まった一番を最後に定年引退。その45年間を振り返りながら、力士の呼び上げだけではなく、土俵の構築や太鼓なども受け持つ呼び出しをはじめ、行事や床山ら大相撲を支える裏方の仕事の実際を解説。

 さらに主役である力士たちがどのように昇進していくのか、そして戦う前から終わって下がるまで、一連の動きに決まりがあるという取組や、いったん身に着けると勝負が終わるまではトイレにも行けないという、まわしにまつわるエピソードなど。

 観戦が楽しくなる相撲のウンチクが満載。(現代書館 1200円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

もっと見る

人気キーワード