「呼出秀男の相撲ばなし」山木秀男著

公開日:  更新日:

 元立呼び出しの著者が、裏方から見た大相撲の世界を案内してくれるエッセー。

 1969年、伊勢ケ浜部屋で呼び出し人生をスタートさせた著者は、14年九州場所で白鵬の優勝が決まった一番を最後に定年引退。その45年間を振り返りながら、力士の呼び上げだけではなく、土俵の構築や太鼓なども受け持つ呼び出しをはじめ、行事や床山ら大相撲を支える裏方の仕事の実際を解説。

 さらに主役である力士たちがどのように昇進していくのか、そして戦う前から終わって下がるまで、一連の動きに決まりがあるという取組や、いったん身に着けると勝負が終わるまではトイレにも行けないという、まわしにまつわるエピソードなど。

 観戦が楽しくなる相撲のウンチクが満載。(現代書館 1200円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る