• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「おなかの調子がよくなる本」福田真嗣著

 腸の健康が全身の健康につながることが知られてきたが、その鍵を握るのが腸に100兆個もすむ微生物。お花畑のようにびっしりと並んで生息している様子から「腸内フローラ」と呼ばれ、そのバランスは指紋のように人によって異なっている。そして、腸内の微生物に、宿主である私たちの体質や健康がコントロールされているという。 近年では、「便細菌叢移植」という治療法も注目を集めている。健康な人の腸内フローラを患者の腸内に移植することで体質を変え、疾患を改善するというものだ。ある種の自閉症が、悪化した腸内フローラがつくりだす毒素によってもたらされるという研究もある。

 本書では、腸内フローラにまつわる最新情報とともに、腸が喜ぶ生活習慣なども紹介していく。
(KKベストセラーズ 1280円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る