日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「おなかの調子がよくなる本」福田真嗣著

 腸の健康が全身の健康につながることが知られてきたが、その鍵を握るのが腸に100兆個もすむ微生物。お花畑のようにびっしりと並んで生息している様子から「腸内フローラ」と呼ばれ、そのバランスは指紋のように人によって異なっている。そして、腸内の微生物に、宿主である私たちの体質や健康がコントロールされているという。 近年では、「便細菌叢移植」という治療法も注目を集めている。健康な人の腸内フローラを患者の腸内に移植することで体質を変え、疾患を改善するというものだ。ある種の自閉症が、悪化した腸内フローラがつくりだす毒素によってもたらされるという研究もある。

 本書では、腸内フローラにまつわる最新情報とともに、腸が喜ぶ生活習慣なども紹介していく。
(KKベストセラーズ 1280円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事