「一流の男だけが持っている『強い胃腸』の作り方」江田証著

公開日:  更新日:

 胃腸の調子が悪ければ、集中力がなくなって仕事のパフォーマンスが急落する。また、胃腸が荒れていると、高血圧、認知症、心筋梗塞、脳梗塞といった病気になりやすくなり、寿命も縮めてしまうという。

 そんな重要な胃腸の整え方を、これまで7万件以上の内視鏡検査を行ってきた“胃腸のスペシャリスト”が伝授する。

 中でも注目なのは、欧米で脚光を浴びている最新の食事法「低FODMAP(フォドマップ)ダイエット」。発酵性を持ったオリゴ糖類、二糖類、単糖類、ポリオール類を含む食品をなるべく避ける食事法で、過敏性腸症候群の改善にも効果てきめんだという。

 同書では、日本初の「低FODMAP食一覧表」を掲載。リンゴよりバナナ、ウーロン茶より紅茶、ピーマンよりナス、パンより米……など、強い胃腸を作る食品が一目でわかる。(大和書房 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る