「一流の男だけが持っている『強い胃腸』の作り方」江田証著

公開日: 更新日:

 胃腸の調子が悪ければ、集中力がなくなって仕事のパフォーマンスが急落する。また、胃腸が荒れていると、高血圧、認知症、心筋梗塞、脳梗塞といった病気になりやすくなり、寿命も縮めてしまうという。

 そんな重要な胃腸の整え方を、これまで7万件以上の内視鏡検査を行ってきた“胃腸のスペシャリスト”が伝授する。

 中でも注目なのは、欧米で脚光を浴びている最新の食事法「低FODMAP(フォドマップ)ダイエット」。発酵性を持ったオリゴ糖類、二糖類、単糖類、ポリオール類を含む食品をなるべく避ける食事法で、過敏性腸症候群の改善にも効果てきめんだという。

 同書では、日本初の「低FODMAP食一覧表」を掲載。リンゴよりバナナ、ウーロン茶より紅茶、ピーマンよりナス、パンより米……など、強い胃腸を作る食品が一目でわかる。(大和書房 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  9. 9

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  10. 10

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

もっと見る

人気キーワード