「一流の男だけが持っている『強い胃腸』の作り方」江田証著

公開日: 更新日:

 胃腸の調子が悪ければ、集中力がなくなって仕事のパフォーマンスが急落する。また、胃腸が荒れていると、高血圧、認知症、心筋梗塞、脳梗塞といった病気になりやすくなり、寿命も縮めてしまうという。

 そんな重要な胃腸の整え方を、これまで7万件以上の内視鏡検査を行ってきた“胃腸のスペシャリスト”が伝授する。

 中でも注目なのは、欧米で脚光を浴びている最新の食事法「低FODMAP(フォドマップ)ダイエット」。発酵性を持ったオリゴ糖類、二糖類、単糖類、ポリオール類を含む食品をなるべく避ける食事法で、過敏性腸症候群の改善にも効果てきめんだという。

 同書では、日本初の「低FODMAP食一覧表」を掲載。リンゴよりバナナ、ウーロン茶より紅茶、ピーマンよりナス、パンより米……など、強い胃腸を作る食品が一目でわかる。(大和書房 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る