日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「熟年売春」中村淳彦氏

 全国で30万~40万人存在するといわれる風俗嬢や売春婦の過半数は、30歳以上の熟女だという。

「2000年ごろにアダルト業界では人妻や熟女が流行し、今までの上限年齢がなくなりました。ごく普通のおばさんも商品となって、換金できるようになっちゃったんですね」

 ところがブームが過ぎ去った今は、稼げない熟女が増え、路頭に迷いかけているというのが現状だという。

「不況で男性客が減った上に、風営法改正でデリヘルなどの無店舗型風俗が激増し、価格破壊も起きています。で、需要と供給のバランスは完全に逆転。今は女子大生が学費を稼ぐために売春するなんてことが、いくらでもありますからね。人妻や熟女が本番をしても稼げない時代になってしまいました」

 例えば、30~40代の熟女がAVに出演しても、手取りのギャラが3万円を切ることも。もちろん稼げる熟女もいるが、外見のスペック次第。

「都市部の熟女ヘルスや熟女デリヘルに採用されるならまだしも、地方でではまずだめでしょうね。普通は稼げない現実に見切りをつけて、男をつかまえたりするんでしょうけれど、それもできず生活保護に頼るしかなくなってしまう人もいます」

 取材対象者には、明と暗がくっきり分かれている。セックスレスを機に夫には内緒で風俗嬢をこなし月40万~50万円稼ぐ45歳もいれば、スーパーのパートと掛け持ちで6000円の本番風俗を20年間続ける50歳もいる。

 精神的に壊れかけている女性も少なくない。

「この本はエグいエピソードや特殊な例ばかりを集めたわけでは決してありません。これが熟女売春の実情なんです」

 本書で興味深いのは、介護業界に身を置いたこともある著者が、低賃金・重労働で元・介護士から売春業界に流れている女性がここ数年、急増している悲惨な実態にもスポットを当てている点だ。

「ある程度の外見のいい女性なら、介護職よりも売春を、というかキャバクラをすすめたいくらいですね。それくらい介護業界はひどい。アダルト業界が日本の最底辺だと思っていましたが、今は間違いなく介護業界が最底辺。社会貢献などと称して言葉で洗脳し、低賃金で長時間労働させるのですから。その異常さに見切りをつけた人が売春業に向かうのは、ある意味納得のいく傾向ではないでしょうか」(ミリオン出版 1000円+税)

▽なかむら・あつひこ 1972年、東京都生まれ。フリーライター。アダルト業界の実態に詳しく、AV女優や風俗嬢を1000人以上取材。一時期、介護施設の代表を務めた経験から、介護業界の闇も知り尽くす。「崩壊する介護現場」「ルポ 中年童貞」「女子大生風俗嬢 若者貧困大国・日本のリアル」など社会問題に斬り込む著書も多数。



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事