「長引くセキはカゼではない」大谷義夫著

公開日: 更新日:

 咳の症状が2週間以上続く場合、風邪である可能性は極めて低く、別の疾患が隠れている可能性が高いと本書。風邪のウイルスは体内に侵入して増殖するが、しばらく経つと力が衰えて自然に減少していく。この“しばらく”がおよそ2週間であり、著しく免疫力の低い人でない限り、風邪が2週間以上続くことはないという。

 ならば、長引く咳の正体は何なのか。近年、増加傾向にあるのが咳喘息で、花粉症や食物アレルギー、そしてPM2・5などが要因となり発症するケースが増えている。放置していると本格的な気管支喘息に移行し、呼吸困難にもつながるため要注意なのだ。

 他にも、高齢者に多い肺炎、喫煙者に多いCOPDなど、咳を誘発する疾患について解説していく。(KADOKAWA 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る