「長引くセキはカゼではない」大谷義夫著

公開日: 更新日:

 咳の症状が2週間以上続く場合、風邪である可能性は極めて低く、別の疾患が隠れている可能性が高いと本書。風邪のウイルスは体内に侵入して増殖するが、しばらく経つと力が衰えて自然に減少していく。この“しばらく”がおよそ2週間であり、著しく免疫力の低い人でない限り、風邪が2週間以上続くことはないという。

 ならば、長引く咳の正体は何なのか。近年、増加傾向にあるのが咳喘息で、花粉症や食物アレルギー、そしてPM2・5などが要因となり発症するケースが増えている。放置していると本格的な気管支喘息に移行し、呼吸困難にもつながるため要注意なのだ。

 他にも、高齢者に多い肺炎、喫煙者に多いCOPDなど、咳を誘発する疾患について解説していく。(KADOKAWA 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る

人気キーワード