「やってはいけないウォーキング」青栁幸利著

公開日: 更新日:

 健康維持に役立つはずのウオーキング。しかし、誤った認識で行うと逆に不健康になると本書は警告する。

 まず、改善したいのが“1日1万歩以上”という歩数の目標だ。トップアスリートは風邪をひきやすいというデータがあり、これはハードなトレーニングによる疲労で免疫力が低下しやすいためだという。ウオーキングも同じで、無理をして歩きすぎると疲労が蓄積され、免疫力が低下し、さまざまな疾患のリスクが高まる恐れがある。

 朝にウオーキングするのもNG。就寝中の発汗で血液がドロドロのため、急に運動すると脳卒中などを起こす恐れがある。たとえ起きてすぐに水を飲んでも、これが小腸に届き全身を潤すまでには時間がかかる。起床後1時間以内のウオーキングは厳禁と心得よう。(SBクリエイティブ800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る

人気キーワード