「さあ立ち上がれ男たちよ!」熊本悦明著

公開日:  更新日:

 自分の男性ホルモンレベルを知るのに役立つのが朝のエレクト、つまり朝立ちだ。

 朝は何もムラムラして勃起するわけではない。睡眠は、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠が交互にやってくるが、レム睡眠時は副交感神経が活性化して体の基礎機能を動かすため、これに伴い陰茎も無自覚の勃起を起こす。朝はちょうどレム睡眠時に目覚めるため、朝立ちとご対面するわけだ。

 しかし、男性ホルモンが減少すると睡眠リズムが乱れ、“最近、朝に何も起きていない”ということになる。本書では、メンズヘルス医学会名誉理事長である著者が、食や睡眠、下肢の筋トレや呼吸法などを駆使し、男性ホルモンを増やす生活術を伝授。老いてもなお、男たる生き方を貫きたいものである。(幻冬舎 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る