「さあ立ち上がれ男たちよ!」熊本悦明著

公開日: 更新日:

 自分の男性ホルモンレベルを知るのに役立つのが朝のエレクト、つまり朝立ちだ。

 朝は何もムラムラして勃起するわけではない。睡眠は、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠が交互にやってくるが、レム睡眠時は副交感神経が活性化して体の基礎機能を動かすため、これに伴い陰茎も無自覚の勃起を起こす。朝はちょうどレム睡眠時に目覚めるため、朝立ちとご対面するわけだ。

 しかし、男性ホルモンが減少すると睡眠リズムが乱れ、“最近、朝に何も起きていない”ということになる。本書では、メンズヘルス医学会名誉理事長である著者が、食や睡眠、下肢の筋トレや呼吸法などを駆使し、男性ホルモンを増やす生活術を伝授。老いてもなお、男たる生き方を貫きたいものである。(幻冬舎 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る