「さあ立ち上がれ男たちよ!」熊本悦明著

公開日: 更新日:

 自分の男性ホルモンレベルを知るのに役立つのが朝のエレクト、つまり朝立ちだ。

 朝は何もムラムラして勃起するわけではない。睡眠は、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠が交互にやってくるが、レム睡眠時は副交感神経が活性化して体の基礎機能を動かすため、これに伴い陰茎も無自覚の勃起を起こす。朝はちょうどレム睡眠時に目覚めるため、朝立ちとご対面するわけだ。

 しかし、男性ホルモンが減少すると睡眠リズムが乱れ、“最近、朝に何も起きていない”ということになる。本書では、メンズヘルス医学会名誉理事長である著者が、食や睡眠、下肢の筋トレや呼吸法などを駆使し、男性ホルモンを増やす生活術を伝授。老いてもなお、男たる生き方を貫きたいものである。(幻冬舎 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  7. 7

    日本「GoTo」4事業なぜ強行?“第1波”対策失敗を専門家指摘

  8. 8

    地震頻発と異臭騒ぎに関連…“異常事態”の日本列島で何が?

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

もっと見る

人気キーワード