「さあ立ち上がれ男たちよ!」熊本悦明著

公開日: 更新日:

 自分の男性ホルモンレベルを知るのに役立つのが朝のエレクト、つまり朝立ちだ。

 朝は何もムラムラして勃起するわけではない。睡眠は、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠が交互にやってくるが、レム睡眠時は副交感神経が活性化して体の基礎機能を動かすため、これに伴い陰茎も無自覚の勃起を起こす。朝はちょうどレム睡眠時に目覚めるため、朝立ちとご対面するわけだ。

 しかし、男性ホルモンが減少すると睡眠リズムが乱れ、“最近、朝に何も起きていない”ということになる。本書では、メンズヘルス医学会名誉理事長である著者が、食や睡眠、下肢の筋トレや呼吸法などを駆使し、男性ホルモンを増やす生活術を伝授。老いてもなお、男たる生き方を貫きたいものである。(幻冬舎 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

  10. 10

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

もっと見る

人気キーワード