• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「漂流怪人・きだみのる」嵐山光三郎著

 平凡社の雑誌「太陽」の編集者だった28歳の嵐山光三郎は、作家・きだみのるに連載ルポルタージュの執筆を依頼するため、そのすみかをさがし出し、訪ねた。自由を求めてやまない漂流の作家は、床をおおいつくすゴミの山の上に座っていた。そのとき75歳。

 こうして、晩年のきだみのると日本中の小さな村々を訪ね歩く旅が始まった。「俺はこれからの旅一座のドンだ。だからきだドンと呼んでいいぜ」。きだドンは、いつも謎の美少女ミミくんを連れている。半ズボン姿で自分のことを「ぼく」というミミくんを、きだドンは「俺の同志だ」と紹介した。

 きだみのるとは何者か。本名・山田吉彦の名で「ファーブル昆虫記」を訳した翻訳者。戦時中に日本からはるか離れたモロッコを旅した冒険家。戦後は部落に住み着いて日本人の根底にあるものを探り、ベストセラー「気違い部落周游紀行」を書いた作家。定住を嫌い、生涯家を持たなかった。複数の子供がいながら、家族だんらんをしりぞけた。

 ミミくんは、実はきだドンが人妻に生ませた子供だった。老いたきだドンは煩悶の末にミミくんを教師夫妻の養女に出すが、漂流の自由人と熱血教師との間には確執があった。教師は後に作家・三好京三となり、きだドンの予言通り、ミミくんをモデルにした「子育てごっこ」を書いて直木賞を受賞する。

 若き編集者嵐山が身近で接したきだドンの言動は破天荒で、しばしば周りを翻弄する。食い意地が張っていて、豚のあばら肉や馬肉の塊を豪快に料理する。大型トラックをスイスイ運転する。反左翼、反文壇、酒と女に目がない。ときに嫌われても、したたかな漂流者は人や金をつかむ術を心得ている。その怪人ぶりが極めて魅力的なのは、作者の筆にきだドンへの深い思いがこもっているからだ。(小学館 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る