「森崎和江」内田聖子著

公開日: 更新日:

「からゆきさん」で知られる作家で詩人、森崎和江は、昭和2年、日本の統治下にあった朝鮮で生まれ、17歳まで祖国を知らずに育った。父はリベラルな教師で、朝鮮固有の文化を尊重する人物だった。和江は豊かな生活を享受しながらも、子供心に支配者の立場にあることを感じ取り、折々の出来事を通して心に小さな疵を増やしていく。

 精神の故郷を持たない植民者2世は、戦後、日本人としてどう生き直したのか。罪の意識とどう向き合ったのか。著者は森崎和江に深い共感を示しつつ、その軌跡をたどっている。

 25歳で結婚。1男1女をもうけたが、詩人・谷川雁と出会い、未知の世界へと踏み出す。子連れで筑豊の炭坑長屋に移り住み、雑誌「サークル村」を刊行。女坑夫の聞き書きも始めた。炭坑では男も女も働く。地底の暗黒の恐ろしさを知りながら、女たちは明るく、強い。和江は炭坑の町で、「自分が知らない日本、自分が知らない自分」に出会うための精神の鉱脈を掘り当てた。

 その間、父の死、弟の自死、身近に起きた強姦殺人事件などが和江を打ちのめした。パートナーである谷川雁の中に、旧態依然たる日本男児の面があることも知った。

 谷川と別れた和江は、ものを書きながら母子家庭を営むことになる。母、妻、主婦……。男性社会がかぶせた呼び名を返上し、豊穣な生を生きようとする。森崎和江は、自らの力で森崎和江になった。

 植民者2世として森崎は、「自分が2つの民族に割れる」苦しみを味わった。そして、自分の中に侵略者とは違う核を見つけたいとあがいた。今も続く日朝間の問題の根深さが、森崎の身体感覚を通してひたひたと伝わってくる。(言視舎 3000円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る