「100歳まで動ける『おはよう』あとのしゃっきり!体操」中野ジェームズ修一著

公開日:  更新日:

 歩く、座る、立つといった日常的な動作にとって、重要な役割を果たすのが下半身の筋肉。たとえ病気知らずでも、下半身の筋肉が弱れば日常生活を送ることが困難になり、寝たきりにもなりかねない。

 本書では、家庭でも簡単にできる下半身のトレーニング方法を紹介している。両脚を肩幅に開いて立ち、片脚を一歩踏み出すと同時に腰をやや落として2秒キープ。この「シズミコミウオーキング」なら、1日100歩ほど行うだけでOKだ。

 もしあなたが、イスに座って腕を胸の前で組み、片脚で立ち上がることが難しかったら、すでに下半身の衰えが始まっている証拠。将来は要介護になる可能性が極めて高い。今すぐトレーニングを始めて、下半身の筋肉を強化することをお勧めする。(ポプラ舎 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る