「100歳まで動ける『おはよう』あとのしゃっきり!体操」中野ジェームズ修一著

公開日: 更新日:

 歩く、座る、立つといった日常的な動作にとって、重要な役割を果たすのが下半身の筋肉。たとえ病気知らずでも、下半身の筋肉が弱れば日常生活を送ることが困難になり、寝たきりにもなりかねない。

 本書では、家庭でも簡単にできる下半身のトレーニング方法を紹介している。両脚を肩幅に開いて立ち、片脚を一歩踏み出すと同時に腰をやや落として2秒キープ。この「シズミコミウオーキング」なら、1日100歩ほど行うだけでOKだ。

 もしあなたが、イスに座って腕を胸の前で組み、片脚で立ち上がることが難しかったら、すでに下半身の衰えが始まっている証拠。将来は要介護になる可能性が極めて高い。今すぐトレーニングを始めて、下半身の筋肉を強化することをお勧めする。(ポプラ舎 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る

人気キーワード