「村に火をつけ、白痴になれ」栗原康著

公開日:  更新日:

 伊藤野枝の人生は、「超」がつくほど密度が濃い。大正時代のアナキストで、ウーマンリブの先駆者。若くしてバツイチになった後、辻潤との間に2人、大杉栄との間に5人の子をもうけている。「国家の害毒」として憲兵隊に虐殺されたとき、まだ28歳だった。

 著者はアナキズムの研究者で、伊藤野枝のファン。野枝さん、最高! と、心のアイドルについて書くようなノリで、野枝の壮絶な生涯を追っている。彼女の人生をひとことで言うと、「わがまま」。学ぶこと、食べること、恋にも性にも、わがままだった。だから、ことごとく「まっとうな社会」とぶつかる。

 結婚制度を否定し、姦通罪に憤慨し、不倫だ愛人だとバッシングされても動じない。不倫上等、淫乱結構、騒ぐなら騒げ。好きな人と好きなようにセックスして、好きなように生きるのだ。大杉ともども逆風にさらされ、仕事を干され、いつも貧乏。でも、なんとかなるさ。いくぜ、大杉。金がないならもらえばいい……。野枝の強さを描く筆はほれぼれするような名調子。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る