• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「数学者たちの楽園」サイモン・シン著 青木薫訳

 アメリカでナンバーワンの人気テレビアニメ番組「ザ・シンプソンズ」は、ストーリーの中に数学ネタをしのびこませてある。

 実はこのアニメは数学オタクの脚本家によって支えられているのだ。その一人、アル・ジーンは数学の英才教育プログラムを受け、16歳でハーバード大学に入学する。彼は数学の研究と、コメディー脚本のどちらを選ぶか悩んだが、世界一長い歴史をもつユーモア雑誌「ハーバード・ランプーン」の執筆に加わる。同じように数学の才能をもつマイク・レイスと知り合い、「ザ・シンプソンズ」のメンバーになる。

 人気アニメを支える天才たちと、番組の数学問題の解き方を紹介。(新潮社 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る