• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「とんでもなくおもしろい仕事に役立つ数学」西成活裕著

 仕事に生かせる数学的思考法を伝授する講義集。

 厳密には数学だけでは実社会への応用は難しいが、数学と物理が融合した「数理科学」なら現実社会の問題をいきなり解決することも可能。例えば、タービンのコンプレッサー内で気体が流れるメカニズムを解きたいとか、機械部品に開けるねじ穴の位置を安定性や強度を保ったまま変えるにはどうすればよいか。

 日々、現場で持ち上がるこうした問題を数理科学を使って解くときに一番の要になるのが「モデル化」だという。文系にも分かるように、モノづくりの現場で使える幾何の「曲率」や、商品開発が面白いようにできるという解析の「テイラー展開」など、数学の底力を教えてくれる。(KADOKAWA 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「安倍3選」という「終わりの始まり」<中>

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る