• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ぶらり昼酒・散歩酒」大竹聡著

 飲み歩きの達人が、さまざまな町で気ままな散歩と昼酒をたのしむ極上エッセー集。

 5月のある日、七里ガ浜での仕事が終わった。さて、どこに行こうかと考えていると、永井龍男の名作「青梅雨」を思い出す。作品に描かれていた風景から舞台は江ノ電の極楽寺駅あたりかと見当をつけて向かう(後で確認をしたら違っていたが)。静かな境内を堪能して極楽寺を後にすると、そろそろビールが飲みたくなってくる。今日は、そばにビールの気分だと、中華屋の誘惑を振り切って鎌倉へ。しかし、目指した店は行列でそば屋酒は断念。なぜか氏はコンビニに向かう。(「江ノ電・鎌倉ふらふら酒」)

 ほか、聖地の立石から東京郊外の羽村、果ては北九州など12の町で散歩酒。(光文社 680円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る