「ぶらり昼酒・散歩酒」大竹聡著

公開日:  更新日:

 飲み歩きの達人が、さまざまな町で気ままな散歩と昼酒をたのしむ極上エッセー集。

 5月のある日、七里ガ浜での仕事が終わった。さて、どこに行こうかと考えていると、永井龍男の名作「青梅雨」を思い出す。作品に描かれていた風景から舞台は江ノ電の極楽寺駅あたりかと見当をつけて向かう(後で確認をしたら違っていたが)。静かな境内を堪能して極楽寺を後にすると、そろそろビールが飲みたくなってくる。今日は、そばにビールの気分だと、中華屋の誘惑を振り切って鎌倉へ。しかし、目指した店は行列でそば屋酒は断念。なぜか氏はコンビニに向かう。(「江ノ電・鎌倉ふらふら酒」)

 ほか、聖地の立石から東京郊外の羽村、果ては北九州など12の町で散歩酒。(光文社 680円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る