「自由学校」獅子文六著

公開日: 更新日:

 昭和の人気作家の魅力が詰まった代表作の復刻。

 五百助と駒子は昭和16年秋に結婚。何事にも動じない五百助に大人物の貫禄を感じていた駒子だが、9年経った今は夫が無能なでくの坊にしか見えない。

 そんなある朝、出社しない夫を問い詰めると、五百助は自由が欲しくなって会社を1カ月前に辞めたと打ち明ける。怒った駒子は、五百助を家から追い出す。世渡りの才覚がない五百助のことゆえ、すぐに謝って戻ってくるかと思ったが、1週間、1カ月が過ぎても戻ってこない。頭の片隅で夫のことを心配する駒子に、10歳下の隆文や妻と別居中の辺見が言い寄ってくる。同じころ、五百助は老ルンペンの食客となり、さまざまな人間と出会っていた。(筑摩書房 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る