「自由学校」獅子文六著

公開日:  更新日:

 昭和の人気作家の魅力が詰まった代表作の復刻。

 五百助と駒子は昭和16年秋に結婚。何事にも動じない五百助に大人物の貫禄を感じていた駒子だが、9年経った今は夫が無能なでくの坊にしか見えない。

 そんなある朝、出社しない夫を問い詰めると、五百助は自由が欲しくなって会社を1カ月前に辞めたと打ち明ける。怒った駒子は、五百助を家から追い出す。世渡りの才覚がない五百助のことゆえ、すぐに謝って戻ってくるかと思ったが、1週間、1カ月が過ぎても戻ってこない。頭の片隅で夫のことを心配する駒子に、10歳下の隆文や妻と別居中の辺見が言い寄ってくる。同じころ、五百助は老ルンペンの食客となり、さまざまな人間と出会っていた。(筑摩書房 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る