「自由学校」獅子文六著

公開日: 更新日:

 昭和の人気作家の魅力が詰まった代表作の復刻。

 五百助と駒子は昭和16年秋に結婚。何事にも動じない五百助に大人物の貫禄を感じていた駒子だが、9年経った今は夫が無能なでくの坊にしか見えない。

 そんなある朝、出社しない夫を問い詰めると、五百助は自由が欲しくなって会社を1カ月前に辞めたと打ち明ける。怒った駒子は、五百助を家から追い出す。世渡りの才覚がない五百助のことゆえ、すぐに謝って戻ってくるかと思ったが、1週間、1カ月が過ぎても戻ってこない。頭の片隅で夫のことを心配する駒子に、10歳下の隆文や妻と別居中の辺見が言い寄ってくる。同じころ、五百助は老ルンペンの食客となり、さまざまな人間と出会っていた。(筑摩書房 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る

人気キーワード