「自衛隊の闇」大島千佳・NNNドキュメント取材班著

公開日: 更新日:

 04年10月、護衛艦「たちかぜ」に乗務していた21歳の海上自衛官Tさんが自殺。遺書から、原因は先輩隊員Sによる悪質ないじめであることは明らかだった。しかし、Sの暴行・恐喝行為について隊員にアンケートを実施した自衛隊は、Sによるいじめが自殺の原因ではないと結論。本書は、真相を求めてTさんの両親が起こした民事裁判の経緯を追ったドキュメンタリー。

 裁判で自衛隊はアンケートを破棄したと主張。しかし、ないはずのアンケートを目撃したひとりの自衛官が控訴審中に、裁判所に陳述書を提出してアンケートの存在を訴えた。自衛隊の隠蔽体質を告発するとともに正義を貫いた自衛官の闘いを追う。(河出書房新社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

  10. 10

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

もっと見る