「自衛隊の闇」大島千佳・NNNドキュメント取材班著

公開日: 更新日:

 04年10月、護衛艦「たちかぜ」に乗務していた21歳の海上自衛官Tさんが自殺。遺書から、原因は先輩隊員Sによる悪質ないじめであることは明らかだった。しかし、Sの暴行・恐喝行為について隊員にアンケートを実施した自衛隊は、Sによるいじめが自殺の原因ではないと結論。本書は、真相を求めてTさんの両親が起こした民事裁判の経緯を追ったドキュメンタリー。

 裁判で自衛隊はアンケートを破棄したと主張。しかし、ないはずのアンケートを目撃したひとりの自衛官が控訴審中に、裁判所に陳述書を提出してアンケートの存在を訴えた。自衛隊の隠蔽体質を告発するとともに正義を貫いた自衛官の闘いを追う。(河出書房新社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る