• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「秋霜」葉室麟著

 豊後・羽根藩の欅屋敷では、楓という女が身寄りのない子どもたちを育てていた。楓の元夫・多聞隼人は3年前、家老として領内の百姓一揆を鎮めたが、非情な藩主・三浦兼清はこれを独断専行の振る舞いとして隼人を上意討ちにした。だが、隼人は死後、「世直し様」として領民に慕われるようになる。

 そんな中、欅屋敷を元藩士の息子と名乗る草薙小平太が訪れた。小平太は実は隼人に斬られた白木立斎の息子で、家老・児島兵衛の密命を帯びてこの屋敷に入り込んだのだ。同じ頃、兼清の悪行を調べるために幕府の巡見使も羽根に向かっていた。

「蜩ノ記」に続く羽根藩シリーズ第2弾。(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る