一向に打開の兆しのない「沖縄問題」の実態と真実に迫る

公開日: 更新日:

「だれが沖縄を殺すのか」ロバート・D・エルドリッヂ著

 著者は阪大で長く政治学を教えたのち、沖縄駐留の米海兵隊に勤務。外交政策部の文官として働いた。この経験を機に著者の立場は「革新系の考えを持つ学者」から百八十度変化。いまでは沖縄問題をめぐる保守派論客の一人だ。

「日米同盟護持」「普天間基地必要論」などの内容は先に出た「オキナワ論」の繰り返しだが、本書は「琉球新報」「沖縄タイムス」批判がより鮮明。地元の大学とメディアの癒着が「反基地、反軍、反中央政府」という2紙の論調を支えているという。保守派では一番論理的な著者だが、新著のたびに少しずつ論理が粗くなっているのが気がかり。(PHP研究所 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る