一向に打開の兆しのない「沖縄問題」の実態と真実に迫る

公開日: 更新日:

「沖縄の新聞は本当に『偏向』しているのか」安田浩一著

「ネットと愛国」でネトウヨに肉薄したフリージャーナリストの著者。沖縄についての認識は表面的だったという。しかし百田尚樹の「沖縄のあの2つの新聞社はつぶさなあかん」発言は見過ごせないと決意。沖縄の地元記者たちを中心に「偏向」問題を取材したルポだ。

「琉球新報」「沖縄タイムス」記者たちの背景はさまざま。学生時代、某議員と米高官が沖縄のコンビニで「思いやり予算」を笑いのタネにする姿を目撃した屈辱感から記者になったという若手も。地元で新聞批判の街宣を続ける右翼にも取材し、その寂しい身の上も明らかにする。ミクロな世界に肉薄する方法は相変わらず。(朝日新聞出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る