• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「危険なビーナス」東野圭吾著

 主人公は、町の小さな動物病院の院長代理として働く獣医・手島伯朗。ある日、診察中の伯朗のもとに、楓という女性から一本の電話が入る。楓によれば、伯朗とは没交渉になっている異父兄弟の弟・明人と去年、仕事先のアメリカ・シアトルで2人だけの結婚式を挙げて帰国したが、明人が書き置きを残して失踪してしまったのだという。そして失踪の原因を探るために、伯朗が長年立ち寄っていない明人の実家の矢神家へと連れていってほしいというのだ。

 資産家の面倒事に巻き込まれるのが嫌で、母親が亡くなって以来、矢神家とは距離を置いていた伯朗にとって矢神家は近づきたくない場所だったが、美人で頭の回転の速い楓のその魅力に引かれ、いつしか協力する羽目になるのだが……。

「秘密」「容疑者Xの献身」「祈りの幕が下りる時」など、数々のミステリー作品で高い評価を受けている著者の最新作。謎の美女の登場を契機に、忘れかけていた過去の出来事の真実が見えてくる。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る