「ジハーディ・ジョンの生涯」ロバート・バーカイク著 野中香方子訳

公開日:  更新日:

 イスラム過激派組織ISILに所属し、カメラの前で人質の首を切り落としたとされる黒覆面の死刑執行人「ジハーディ・ジョン」。その映像は、あっという間に世界中に広まり、多くの人々を戦慄させた。

 身元捜しの結果、ジハーディ・ジョンがクウェート難民としてロンドンで育ったモハメド・エムワジであることが判明。著者は、それがかつて取材をした一人の青年であることに気づいて驚愕する。5年前の彼は、大学でITを学んだ礼儀正しい青年だった。一体何が彼をテロリストへと変身させたのか……。

 本書には両親と共にイギリスに渡った幼少期のエピソードや、イスラム過激派と疑われて厳しい監視下に置かれ、職も婚約者も失うことになったことなどがつづられていく。脅迫的な尋問や監視が、逆に若者たちを先鋭化させ、次々とジハーディ・ジョンが生まれる土壌があることも指摘。巻末添付のクローズアップ現代の元キャスター・国谷裕子氏の解説も興味深い。(文藝春秋 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る