「ジハーディ・ジョンの生涯」ロバート・バーカイク著 野中香方子訳

公開日: 更新日:

 イスラム過激派組織ISILに所属し、カメラの前で人質の首を切り落としたとされる黒覆面の死刑執行人「ジハーディ・ジョン」。その映像は、あっという間に世界中に広まり、多くの人々を戦慄させた。

 身元捜しの結果、ジハーディ・ジョンがクウェート難民としてロンドンで育ったモハメド・エムワジであることが判明。著者は、それがかつて取材をした一人の青年であることに気づいて驚愕する。5年前の彼は、大学でITを学んだ礼儀正しい青年だった。一体何が彼をテロリストへと変身させたのか……。

 本書には両親と共にイギリスに渡った幼少期のエピソードや、イスラム過激派と疑われて厳しい監視下に置かれ、職も婚約者も失うことになったことなどがつづられていく。脅迫的な尋問や監視が、逆に若者たちを先鋭化させ、次々とジハーディ・ジョンが生まれる土壌があることも指摘。巻末添付のクローズアップ現代の元キャスター・国谷裕子氏の解説も興味深い。(文藝春秋 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る