「星々たち」桜木紫乃著

公開日: 更新日:

 19歳で夜の世界に入った咲子は、北海道内を転々として釧路に流れ着いた。咲子が働くスナックに3カ月ほど前から通ってくるヤマさんが気になる。彼には咲子が今まで付き合ってきた男たちに感じたことがない優しさがあった。

 そんな中、実家に預けている中1の娘・千春が釧路に遊びに来た。咲子は2年ぶりに会う千春の乳房がいつの間にか大きくなっていることに戸惑う。咲子をデートに誘ったヤマさんは、妹だと紹介された千春を動物園に連れて行ってくれる。その夜、咲子はヤマさんが長逗留するホテルで抱かれる。ヤマさんの背中には「観音様」がいた。(「ひとりワルツ」)

 咲子と千春、千春の娘・やや子の人生と、彼女たちに関わる人々のドラマを描く連作短編集。(実業之日本社 593円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る