北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「天晴れアヒルバス」山本幸久著

公開日: 更新日:

 主人公・高松秀子の勤めるアヒルバスでは、バスガイドもツアー企画を提出する。「浅草で恋の花を咲かせましょう 三十代限定! 巡り逢いツアー」とか、「男を磨き鍛える! オジサマ限定エステ&うまいものツアー」とか、「東京で森林浴! パワースポットもいっちゃお! 癒し&御利益で人生ステップアップツアー」など、すべて秀子の後輩たちが企画したツアーである。

 中には「東京都内で富士山にお詣りしちゃう富士塚巡り」などのマニアックなものもあったりする。そういう企画まで考えるのだから、バスガイドも楽ではない。さらに最近では外国人の客も増えて、そうなると通訳ガイドも同行することになるが、これがとんでもない男で、秀子は振り回される。

 そういうバスガイドの仕事の日々を描く本書は、アヒルバスシリーズの第2弾。前作の「ある日、アヒルバス」はテレビドラマになったが、山本幸久の小説には、他にもテレビドラマの原作にふさわしいものがたくさんある。もっとドラマ化してほしいものだ。

 主人公は前作に引き続き今回も高松秀子だが、続いているわけではないので、前作を未読でも大丈夫。秀子もアヒルバスに勤めて12年、もうベテランの域で後輩たちの指導にあたらなければならないが、私生活の幸せはいつ訪れるのか、それが気になる方はぜひとも本書を読まれたい。とうとう秀子に春が来そうなのだ。おお、大丈夫か秀子。(実業之日本社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る