北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「天晴れアヒルバス」山本幸久著

公開日:

 主人公・高松秀子の勤めるアヒルバスでは、バスガイドもツアー企画を提出する。「浅草で恋の花を咲かせましょう 三十代限定! 巡り逢いツアー」とか、「男を磨き鍛える! オジサマ限定エステ&うまいものツアー」とか、「東京で森林浴! パワースポットもいっちゃお! 癒し&御利益で人生ステップアップツアー」など、すべて秀子の後輩たちが企画したツアーである。

 中には「東京都内で富士山にお詣りしちゃう富士塚巡り」などのマニアックなものもあったりする。そういう企画まで考えるのだから、バスガイドも楽ではない。さらに最近では外国人の客も増えて、そうなると通訳ガイドも同行することになるが、これがとんでもない男で、秀子は振り回される。

 そういうバスガイドの仕事の日々を描く本書は、アヒルバスシリーズの第2弾。前作の「ある日、アヒルバス」はテレビドラマになったが、山本幸久の小説には、他にもテレビドラマの原作にふさわしいものがたくさんある。もっとドラマ化してほしいものだ。

 主人公は前作に引き続き今回も高松秀子だが、続いているわけではないので、前作を未読でも大丈夫。秀子もアヒルバスに勤めて12年、もうベテランの域で後輩たちの指導にあたらなければならないが、私生活の幸せはいつ訪れるのか、それが気になる方はぜひとも本書を読まれたい。とうとう秀子に春が来そうなのだ。おお、大丈夫か秀子。(実業之日本社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る