• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「朝からスキャンダル」酒井順子著

「うちの会社のセクハラ時計は、昭和で止まっています」と言うのは建築関係の会社の女性。女性が髪を切ると、いまだに「おっ、失恋でもしたのか?」と言う人だらけ。逆にセクハラ時計が非常に進んでいるのは、特に欧米系の外資系企業や官公庁。旧財閥系大企業の社員がセクシー系サービスを提供する風俗などで得意先を接待するために、新奇な風俗探しに心血を注いでいるのに対して、欧米系の企業は、顧客と一緒にキャバクラに行くことすら禁止なのだ。究極のプライベート部分であるシモ関連のことがビジネスの場に入ることは許されない。(「セクハラの時差」)

 ユーモアと毒が、ピリリと効いた45編のエッセー。(講談社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る