「朝からスキャンダル」酒井順子著

公開日: 更新日:

「うちの会社のセクハラ時計は、昭和で止まっています」と言うのは建築関係の会社の女性。女性が髪を切ると、いまだに「おっ、失恋でもしたのか?」と言う人だらけ。逆にセクハラ時計が非常に進んでいるのは、特に欧米系の外資系企業や官公庁。旧財閥系大企業の社員がセクシー系サービスを提供する風俗などで得意先を接待するために、新奇な風俗探しに心血を注いでいるのに対して、欧米系の企業は、顧客と一緒にキャバクラに行くことすら禁止なのだ。究極のプライベート部分であるシモ関連のことがビジネスの場に入ることは許されない。(「セクハラの時差」)

 ユーモアと毒が、ピリリと効いた45編のエッセー。(講談社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る