「煽動者」ジェフリー・ディーヴァー著、池田真紀子訳

公開日:

 身ぶりや表情から人の思考を読み取るキネシクスの専門家であるキャサリン・ダンスは、ある殺し屋の嘘を見抜けず取り逃がしてしまった責任を取らされ、刑事バッジも拳銃も取り上げられ民事部に異動となった。

 そこで割り当てられたのは、満員のコンサート会場で起きた将棋倒しの事故。ところが、保険にまつわるもろもろの書類仕事で終わるはずが、調べてみると故意に起こされた事件の疑いが出てきた。当初、火災で観客がパニックを起こしたと思われていたが、火元は会場の外にあり、しかも観客が殺到した非常口はトラックで塞がれていたからだ。

 いったい誰が何のためにパニックを“煽動”したのか。物証もなく、動機さえつかめないなか、次の事件が発生する。一刻の猶予もなくすぐにでも真相を掴まなければならないのだが……。

 相手の内面を読み解く女性捜査官が活躍する「キャサリン・ダンス」シリーズの第4弾。かろうじて捜査にはかかわりつつも、左遷の憂き目に遭っている主人公が、するどい観察眼を武器に犯人像に迫っていく。大長編ながら、数々の伏線の後の結末まであっという間の面白さだ。(文藝春秋 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る