• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「なんでわざわざ中年体育」角田光代著

 人気作家がさまざまな運動にチャレンジする体験ルポ風エッセー。

 ランニングチームに所属し、週末は必ず10キロから20キロを走っているという著者。走ることは好きではないのだが、1回休めば翌週も、そしてそれからは、ずっと走らなくなることが分かっているから欠かさず走っているだけだった。それが、雑誌の企画で東京マラソンに誘われ、3日悩んだ末に走ることに。今やらなければ、10年先もやらないと思ったからだ。

 そんな決断を後悔しながら立ったスタート地点からゴールまでの42.195キロを詳述。その他、トレイルランニングやボルタリング、そして海外でのマラソン大会まで。弱い自分と向き合いながら、さまざまな「体育」に挑む。(文藝春秋 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る