「なんでわざわざ中年体育」角田光代著

公開日:

 人気作家がさまざまな運動にチャレンジする体験ルポ風エッセー。

 ランニングチームに所属し、週末は必ず10キロから20キロを走っているという著者。走ることは好きではないのだが、1回休めば翌週も、そしてそれからは、ずっと走らなくなることが分かっているから欠かさず走っているだけだった。それが、雑誌の企画で東京マラソンに誘われ、3日悩んだ末に走ることに。今やらなければ、10年先もやらないと思ったからだ。

 そんな決断を後悔しながら立ったスタート地点からゴールまでの42.195キロを詳述。その他、トレイルランニングやボルタリング、そして海外でのマラソン大会まで。弱い自分と向き合いながら、さまざまな「体育」に挑む。(文藝春秋 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る