「時限病棟」知念実希人著

公開日:

 見知らぬ場所で覚醒した看護師の梓は、自分が拉致・監禁されたことを知る。部屋には同じように拉致された、共に外科医の月村と小早川、麻酔科医の七海、そして派遣で働く桜庭がいた。壁にクラウンと名乗る犯人から「襟をただし、真実を見つけるための鍵を探せ」という指示が書かれていた。

 梓は、趣味のリアル脱出ゲームの要領で鍵の在りかを見つけ出す。開いた扉は階下に通じていた。廃病院と思われる建物の一角に起爆装置付きのガソリンが見つかる。与えられた6時間のうちに脱出できなければ死が待っているようだ。5人がクラウンからの謎かけを解いてたどり着いた手術室のベッドにひとりの男が縛り付けられていた。

 現役医師による迫真の長編医療ミステリー。(実業之日本社 593円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る