• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「時限病棟」知念実希人著

 見知らぬ場所で覚醒した看護師の梓は、自分が拉致・監禁されたことを知る。部屋には同じように拉致された、共に外科医の月村と小早川、麻酔科医の七海、そして派遣で働く桜庭がいた。壁にクラウンと名乗る犯人から「襟をただし、真実を見つけるための鍵を探せ」という指示が書かれていた。

 梓は、趣味のリアル脱出ゲームの要領で鍵の在りかを見つけ出す。開いた扉は階下に通じていた。廃病院と思われる建物の一角に起爆装置付きのガソリンが見つかる。与えられた6時間のうちに脱出できなければ死が待っているようだ。5人がクラウンからの謎かけを解いてたどり着いた手術室のベッドにひとりの男が縛り付けられていた。

 現役医師による迫真の長編医療ミステリー。(実業之日本社 593円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る