「我慢ならない女」桂望実著

公開日:

 昭和55年、18歳の明子は叔母のひろ江が作家デビューしたと知り、会いに行く。10年ぶりの再会だったが、ひろ江は作家志望だという明子の小説を酷評。歯に衣着せぬひろ江の言葉に打ちのめされた明子だが、叔母の話は正論だけに反論できない。やがて明子は、信用金庫で働くかたわら、原稿の清書などひろ江の手伝いをするようになった。執筆中に奥歯をかみ砕くほど命がけで作品に取り組むひろ江は、編集者にも同じ真剣さを求める厄介な人だった。明子はひろ江が見放されないよう、編集者に頭を下げ続けるが仕事の依頼は減る一方。デビューから6年後、ひろ江の作品のドラマ化の話が持ち上がる。

 厄介な女流作家と彼女に献身的に仕える姪の人生を描く長編小説。(光文社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る