「我慢ならない女」桂望実著

公開日: 更新日:

 昭和55年、18歳の明子は叔母のひろ江が作家デビューしたと知り、会いに行く。10年ぶりの再会だったが、ひろ江は作家志望だという明子の小説を酷評。歯に衣着せぬひろ江の言葉に打ちのめされた明子だが、叔母の話は正論だけに反論できない。やがて明子は、信用金庫で働くかたわら、原稿の清書などひろ江の手伝いをするようになった。執筆中に奥歯をかみ砕くほど命がけで作品に取り組むひろ江は、編集者にも同じ真剣さを求める厄介な人だった。明子はひろ江が見放されないよう、編集者に頭を下げ続けるが仕事の依頼は減る一方。デビューから6年後、ひろ江の作品のドラマ化の話が持ち上がる。

 厄介な女流作家と彼女に献身的に仕える姪の人生を描く長編小説。(光文社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る