「ミャンマー[Yangon Press]で読み取る現実と真実」栗原富雄編著

公開日: 更新日:

 2011年にミャンマーにやってきた編著者は、日本のメディアからA・S・スー・チーさんのインタビューを依頼された。不可能だと思ったが、彼女の誕生日の祝福という口実で会うことができた。

 2年後、現大統領がメディアへの検閲を廃止することを知り、懐疑的な気分で[Yangon Press]紙発行の許可申請を提出したら、10日あまりで許可が下りた。それ以後、かなり辛辣な記事を書いてもクレームがついたことはなく、大統領は民主化に本気だと思った。選挙の大勢が判明すると政権移譲を口にしたのは、ミャンマーの歴史に刻まれるべき出来事だ。

 激動の4年間を取材した月刊紙の記録。(人間の科学新社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る