「性と国家」北原みのり、佐藤優著

公開日: 更新日:

 女性のためのセックストイショップを営む最先鋒フェミニストと“巨人”が、性の視点からこの国のゆがみを暴き出す対談集。

 佐藤氏は、政争に巻き込まれ拘置所で500日余りの独房生活を送った体験から、現代思想におけるフェミニズムの重要性に関心を持ったという。なぜなら「逮捕されたことで、国家というものが男権的で、とても暴力的なものだということを再認識」したからだと。同じく、わいせつ物陳列罪で逮捕された経験を持つ北原氏は、その体験を通し、「女性の体をどこまでさらすか、暴力的な表現にどこまで挑戦するか」を、表現の自由の主たる課題としてこだわってきた日本の性の価値観に対して、改めて怒りを感じた、と語る。

 そんな2人が、ポルノ情報が日常的にあふれ、アダルト業界や風俗産業など、合法的・クリーンに性的搾取や暴力が行われている日本社会の現状や、戦時中の「慰安婦」などを例に、人間を管理するために最も重要なファクターとして国家に利用された性、在沖縄米軍の軍属による沖縄女性死体遺棄事件から考える沖縄への差別構造、そしてジェンダー論に至るまで、縦横無尽の話題で男の性欲や女の体を活用する日本という国家を斬る。(河出書房新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  7. 7

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る

人気キーワード