「性と国家」北原みのり、佐藤優著

公開日: 更新日:

 女性のためのセックストイショップを営む最先鋒フェミニストと“巨人”が、性の視点からこの国のゆがみを暴き出す対談集。

 佐藤氏は、政争に巻き込まれ拘置所で500日余りの独房生活を送った体験から、現代思想におけるフェミニズムの重要性に関心を持ったという。なぜなら「逮捕されたことで、国家というものが男権的で、とても暴力的なものだということを再認識」したからだと。同じく、わいせつ物陳列罪で逮捕された経験を持つ北原氏は、その体験を通し、「女性の体をどこまでさらすか、暴力的な表現にどこまで挑戦するか」を、表現の自由の主たる課題としてこだわってきた日本の性の価値観に対して、改めて怒りを感じた、と語る。

 そんな2人が、ポルノ情報が日常的にあふれ、アダルト業界や風俗産業など、合法的・クリーンに性的搾取や暴力が行われている日本社会の現状や、戦時中の「慰安婦」などを例に、人間を管理するために最も重要なファクターとして国家に利用された性、在沖縄米軍の軍属による沖縄女性死体遺棄事件から考える沖縄への差別構造、そしてジェンダー論に至るまで、縦横無尽の話題で男の性欲や女の体を活用する日本という国家を斬る。(河出書房新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る