「悪玉」鳴海章著

公開日: 更新日:

 静岡県温海署の刑事・住田は、県警から異動してきた國貞とコンビを組むことに。数日後、住田は國貞の着任は単なる異動ではなく、署長も知らない県警本部の案件の捜査だと打ち明けられる。県警は神奈川との県境で敵対する準暴力団邪鬼連合とチャイナマフィア壬申会の動向を警戒。國貞によると、温海市の権力者・海江田が理事長を務める老人介護施設・海風苑に5年前、オーナーとして乗り込んできた朝倉が壬申会とつながっているという。海風苑近くの保険会社の一室には國貞の仲間の県警本部の捜査官が詰めていた。海風苑では隠し部屋で闇カジノが行われていたのだ。

 正義か悪か、闇を持つ刑事・國貞を住田の視点で描く本格警察小説。(KADOKAWA 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る