「悪玉」鳴海章著

公開日: 更新日:

 静岡県温海署の刑事・住田は、県警から異動してきた國貞とコンビを組むことに。数日後、住田は國貞の着任は単なる異動ではなく、署長も知らない県警本部の案件の捜査だと打ち明けられる。県警は神奈川との県境で敵対する準暴力団邪鬼連合とチャイナマフィア壬申会の動向を警戒。國貞によると、温海市の権力者・海江田が理事長を務める老人介護施設・海風苑に5年前、オーナーとして乗り込んできた朝倉が壬申会とつながっているという。海風苑近くの保険会社の一室には國貞の仲間の県警本部の捜査官が詰めていた。海風苑では隠し部屋で闇カジノが行われていたのだ。

 正義か悪か、闇を持つ刑事・國貞を住田の視点で描く本格警察小説。(KADOKAWA 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る