「『やさしさ』過剰社会」榎本博明著

公開日: 更新日:

「やさしさ」が人を評価する物差しとなり、表面的なやさしさが蔓延する現代。心理学者が社会にあふれる「やさしさ」を分析した生き方指南書。

 親子をはじめ、上司と部下、友人、恋人の関係などを例に「見せかけのやさしさ」や「やさしさの勘違い」が横行する心理的背景を解説。今の時代のやさしさは「相手のためという視点の有無」は関係なく、とにかく「傷つけない」という一点に尽きると指摘する。そのやさしさは、相手に関心があるわけではなく、相手の目に映る自分の姿に関心があるだけだという。

 日本人特有のやさしさについて触れながら、本当のやさしさとは、相手のことを思いやる気持ちであることを説く。(PHP研究所 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード